円高になった時のメリットとデメリット

近年、円高状態が長く続いています。円高は、国内の経済にどのような影響があるものなのでしょうか。原油など輸入によって国内に供給されているものは、円高になると為替の影響で安く買えるようになります。原油の仕入れ値が安くなるということは、ガソリンや灯油の価格が安くなります。その結果、ガスや電気のようなエネルギーが全体的に低価格になるわけです。

 

円高になると、海外旅行先でもお得な値段でのショッピングが楽しめます。1ドル200円よりも1ドル100円のときのほうが同じ10万円でも倍の買い物をすることができるのです。輸入商品を仕入れるためのお金が少なく済むことも、円高の特徴です。仕入れ必要な資金が下がれば、価格も低く抑えられます。円高の影響で輸入品の仕入れが安くなれば円高セールも頻繁に行われるようになり、購買者の特にもなります。輸入品は安くなりますが、輸出にかかる金額は上がります。円高はいいことばかりではないのです。

 

国内で生産するコストは高くなるので輸入国との製品価格が不利な方向に働き、売上が減少します。輸出企業の業績は悪化し、株価全体も悪影響を受けます。日本の株価が下がりそうだということになれば、海外から投資をしていた投資家も損が膨らむ前に海外資金を引き上げます。海外の投資家が日本円での利益を外貨に両替すると、円高にブレーキがかかる仕組みです。円高、円安それぞれに国内の輸出、輸入産業への影響は大きいことを理解しつつ為替をチェックしてください。

 

 

 

 

 

Comments are closed.