円安のメリットとデメリット

円相場が円安方向に動いた時に、国内産業にもたらされる利点は何でしょう。円安は、輸出企業の売上げが伸びるチャンスです。為替が円安方向に変動すると、輸出関連産業の販売力がアップします。今まで売っていたものを、より安い価格で売ることができるためです。円安になると輸出企業は生産の増加に伴い、雇用や賃金の環境が良くなります。円安になると、株相場も上昇局面に入ります。

 

海外の投資家は、自国の通貨高のメリットから円安である日本の株に注目し、買い注文が幅広い銘柄に集まります。株が上がれば企業も様々な活動ができるようになります。しかし、円安であることはいいことばかりではありません。円安で打撃を受けるのは、輸入産業です。輸入品を高く売らなければならなくなるためです。円安は、電気料金やガス料金を高くします。

 

それは燃料となるガソリンや灯油の価格が上がるためで、さかのぼれば原油の輸入価格が上がるためです。円安進むと輸入品の価格が上昇するので国内生産の商品も一緒に上昇してしまいます。商品価格が上がれば物が売れづらくなり、国内の消費が下がる要因になります。消費者は生活必需品以外の贅沢品や耐久品をあまり購入しなくなるのです。円安はよい点だけでなく、欠点もあることを踏まえて為替を見る必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.