褐色脂肪細胞を活性化させる方法

褐色脂肪細胞を利用したダイエットがこの頃注目されていますが、褐色脂肪細胞の働きを増すにはどうするべきでしょう。褐色脂肪細胞は、寒さを感じると体温を上げるために働きを強めます。体に寒さを実感させることが、褐色脂肪細胞を動かすコツです。

 

エクササイズをする時に、冷たくしたペットボトルを手に持って寒さ情報を体に伝えます。冷たいペットボトルを握ります。次に手は平泳ぎをするようなイメージで腕を回しながら、首を前後に動かしてみましょう。一通りの運動が終わったら、手は湯につけた温めます。全部で5セット行います。シャワーの温度切り替え機能を使って、褐色脂肪細胞を刺激する方法があります。30℃と40℃の湯を交互に5回ほど、首にかけます。大体30秒ずつ交互にかけます。首回りの褐色脂肪細胞の働きが活性化するよう、特にポイントを絞ってかけてもいいでしょう。

 

シャワーの温度を急激に変えると血圧が変動するため、心臓や血管に負荷がかかってしまう人もいます。血圧が高い人、高齢の人、心臓が弱い人は、病院で話しを聞いてから行動に移しましょう。冬場は冷たい水が負担になる場合もあるので水温を上げるなど無理をしないようにしましょう。温度の低いシャワーを浴びることと、体がもともと冷えていることは意味が違います。褐色脂肪細胞は冷え症なら活動するかといえば、そうではありません。褐色脂肪細胞の働きをダイエットに有効に活用していきたいものです。

 

 

 

Comments are closed.