為替レートの円安と円高

円安、円高という言葉は、円の為替相場に関するニュースなどでよく聞く単語です。円高、円安とはどのような事象のことなのでしょう。円安は、他国の通貨と比較して円の価値が落ちていることをいいます。アメリカで売られていた1ドルのキャンディーが、日本円で80円で買えたのが、90円出さなくては買えなくなったというような場合です。

 

こういう時は、為替レートは円安方向に変動したといいます。円安が進むとアメリカで日本の製品が安く買うことができるので、日本からの輸出が増える傾向にあります。反対に、アメリカから日本への輸出量は減ります。日本からすれば、アメリカの商品が高く買いづらくなるためです。この反対に、円の価値が相対的に高くなることが円高です。日本への資金流入が進むことで、円の価値自体が上がります。

 

1ドル100円の円相場が1ドル95円になれば、円高になったといいます。日本の債券市場や株式市場も人気が高くなる傾向があります。1ドル=120円の時点で、ドルを使って日本の株を買ったとします。もしも1ドル=100円になれば、株価は変わらずともドルはふえるわけです。外国人の投資家が、日本の株式の投資する場合には、為替レートも日本に投資するかどうか決める重要な要素だといえます。為替の仕組みを知り、円高、円安がそれぞれ輸入、輸出にどのような影響を及ぼすかを知ると、為替取引がしやすくなります。

 

 

 

 

 

Comments are closed.