褐色脂肪細胞を利用して美しく痩せる

褐色脂肪細胞の機能を利用してダイエット効果を得るという方法ですが、実行する上で気をつけるべきことがあります。寒い、冷たいという情報は、感官器の1つであるクラウゼ小体に影響が及ぼされた時だとされています。寒い、冷たいという信号を脳に送ってくる部位は唇と手のひらが多いようです。手からの情報は脳へたくさん伝わりますので、手の冷点が刺激されることで、脳は体が寒い状況にあると判断します。

 

そのため、寒さで体温が下がらないよう、褐色脂肪細胞の働きを高めます。そのため、中に水を入れて凍らせたペットボトルを持つことで、脳に刺激を与え褐色脂肪細胞の働きを強化するわけです。褐色脂肪細胞の働きが活発になると、体脂肪は代謝されてエネルギーになりやすくなります。脂肪が代謝される時は、ミトコンドリアに送りこまれてエネルギーに変わります。脂肪をエネルギーに分解するために、褐色脂肪細胞にある豊富なミトコンドリアが役立ちます。けれども、ミトコンドリアはエネルギーだけでなく活性酸素も生成します。

 

体の中に活性酸素があると、たんぱく質や脂質の化学変化を促すことでより安定しようとする特性があります。化学変化を起こすとき酸化反応が引き起こされてしまうのです。活性酸素による酸化は美容や健康に悪影響を及ぼすものです。体内の活性酸素を減らすには、抗酸化作用の強い栄養素を摂取することです。ビタミンCやポリフェノールが抗酸化物質の代表格です。褐色脂肪細胞を利用して効果的なダイエットをするためには、抗酸化作用のあるビタミンCやポリフェノールの補給も大事です。

 

 

 

Comments are closed.