褐色脂肪細胞とはどんな脂肪

running300

褐色脂肪細胞は、ダイエットをしている人の多くが強い関心を持っているものです。では、褐色脂肪細胞とは、どんな細胞のことをいうのでしょう。一般的に脂肪と呼ばれているものは白色脂肪細胞ですが、それとは別に褐色脂肪細胞が体にはあります。褐色脂肪細胞はダイエットをするうえで非常に重要な働きをする細胞だといわれているのです。

 

白色脂肪細胞はエネルギーの貯蔵庫として機能していますが、褐色脂肪細胞はエネルギーを使うために存在しています。体脂肪を代謝させ、エネルギーにする機能が褐色脂肪細胞にはあります。どれだけ食べても脂肪にならないという人が身近にいませんか。褐色脂肪細胞が多い人は、いくら食べても太らない体質の人です。白色脂肪細胞は、エネルギーの余りがなるものです。余るどころか、端から全て使ってしまうという形になります。白色脂肪細胞の量に比して、褐色脂肪細胞はほんの少ししかありません。

 

一%程度の褐色脂肪細胞は、肩、胸、肩甲骨などにあります。褐色脂肪細胞は体温を維持する機能を持っており、血流を促進し基礎代謝を向上させます。褐色脂肪細胞は、外気温が低くても体温は一定に保っておきたいときなどに活性化しますが、この褐色脂肪細胞をダイエットに利用するという方法があります。褐色脂肪細胞は加齢と共に減少していきますが、肥満対策にも活用できるよう、様々な角度から調べられています。

 

 

 

Comments are closed.