a1380_000947
 

月(ユエ)。雪兎さんの真の姿です。

ケルベロスがカードのマスターを選び、月がその人を最終的に相応しいか審判するという役割をクロウ=リードより負わされています。

だから月はさくらちゃん(カードキャプター)、お兄ちゃん(供給者になれるほど魔力が強い)、そしてお父さん(本の元々の持ち主でクロウ=リードの生まれ変わり)と近い位置を居場所にしていたんだろうなと思います。

ケルベロス以上に月は自分を作ったクロウ=リードに依存しているので、とにかくさくらちゃんにひどいです!
非情といいますか、辛辣といいますか。お前、さくらちゃんはまだ小学生の、しかも女の子なんだぞ!!と何度思ったか……!

でも、「それでもカードの主になれると思ってるのか」と言わんばかりの(実際に似たようなこと言っていた気もする……)迫力と圧力には納得してしまう……。クロウ=リードは稀代の魔術師だったため、そのカリスマ性も魔力も絶大で、与える影響力も並大抵じゃなくて。

その力を与えられたカードの主になるためには、そりゃあ、それ相応の力と器をもっていなければいけないでしょうが……。

そしてこの月さんの可愛いところはツンツンツンデレなところでしょうかね!!
たまーに。ごくたまーーーーに、さくらちゃんにデレるところが可愛いです。

最終的にさくらちゃんをカードキャプター、カードの主として認めた後からは結構助けてくれますしね。デレてくれますしね!

 

 

 

Comments are closed.